24年前の阪神大震災の記憶から私たちが受け継ぐべきもの

24年前の1月17日に発生した阪神・淡路大震災。年月が経過するのは早いものです。
 
私は16年前、神戸に住み始め、5年ほど神戸のまちに馴染ませてもらいました。
 
震災から8年。屋根が崩落したJR六甲道駅も、当然完全に復旧しており、賑わう街並み。
初めて見た神戸のまちの印象は、「きれいすぎる」というものでした。
効率的に区画整理された住宅地、路地すらもまっすぐ続く街並み、整い過ぎた街路樹…
 
震災で旧来の街並みが全て破壊されてしまった結果でした。
その瓦礫の跡から、効率的で不自然に清潔なまちが生まれてきたのです。
 
もちろん、これはJR路線以南の、震災の被害が大きかった地域に限定されており、阪急電車路線沿い等、昔ながらの趣のある街並みも残り続けています。
 
しかし、破壊されたものの中には、その街並みやそこで生きる人間が生み出すある種の文化があることは間違いないでしょう。
 
 
一方、阪神大震災によって、生み出されたものもあります。
 
震災後は、ボランティア元年とも呼ばれたように、自発的な市民活動が活発になり、コミュニティの再生が謳われた時期もありました。
 
もちろん、全てが現在もうまくいってるわけではありませんが、阪神大震災そして東日本大震災でも絆という言葉に象徴される震災コミュニティの発生が、人々を勇気づけ、新たな日本社会の訪れを感じさせたことは間違いありません。
 
阪神大震災の後、東日本大震災のときと同様に、家を失った者を支援するため、震災復興公営住宅の建設が進みます。
 
この施策は、住居確保を進める反面、公営住宅に住む世帯の大きな部分が高齢者世帯であったこともあり、入居世帯の社会的孤立への対策や地域とのつながりの維持を行う必要が生じます。
 
この点、阪神大震災の発生時点から活動していた、保健師やボランティアによる個別訪問、部屋を一軒一軒まわり、各戸のニーズを把握する営みが、震災から8年後の公営住宅であっても力を発揮していました。
 
なお、この個別訪問の取り組みは、東日本大震災においても、仮設避難所等で見られたものです。震災という非常事態により、その社会的必要性に基づいて生み出された、ある種の「文化」なのかもしれません。
 
危機的状況においても、人間というのは低劣な振る舞いを見せることもあれば、崇高で尊い振る舞いを見せることもあるという、人間一般に関わる一つの真理なのでしょう。
 
そのように、震災で得られた経験や気持ちを、形になるものや形にならないものも含め、今生きる者たちで受け継ぎ、共有するのが、毎年の1月17日という日なのかもしれません。

くまもんが「仕事の流儀」に登場!

各分野で活躍する「職人」たちを取り上げて、その仕事ぶりや生きざまを特集する、NHKプロフェッショナル 仕事の流儀」。
今回取り上げた職人は、なんと全国で最も有名なゆるキャラである、熊本県の「くまもん」!
 
くまもんが生まれた背景から現在の活躍まで、ダイジェストで放映する内容となっていましたが、くまもん、思ってたより、奥が深い。。。
 
今回の放送で、何度か登場する印象的な表現である、
「皿を、割れ」
 
くまもんは、熊本県庁という行政組織の中から生まれてくるわけですが、行政というのは、守りの組織であり、貴重な税金を国民・県民からお預かりしている立場であることもあり、突き抜けたこと、無駄なことはできない。そういう考え方になりがちなところがあります。
 
番組でも取り上げられていましたが、くまもんの活動が軌道に乗るまでは、くまもんの活動について「行政が税金を無駄遣いしている」という批判的な意見をいただいていたとのことです。
 
これはなかなか難しいところです。
くまもんのプロモーションが成功した現時点から見ると、くまもんの活動は投入した費用以上の経済効果が発生しており、大成功であると評価できます。
 
しかし、もしうまくいっていなかった場合、確かに「税金の無駄遣い」と評価されてしまう可能性があった。また、そもそもそういう産業のプロモーションは、行政の役割ではなく、民間企業がやるべきであるという立場に立った意見もあるかもしれません。
 
その中で、熊本県庁は、くまもんプロジェクトを進めることを選んだ。。。
皿を割れとは、失敗を恐れず、理想を求める姿勢のことであり、番組中では、「くまもんの精神」と表現されます。
 
行政が、どこまでやるべきか。。。
現代日本は成熟した市場を持つ社会であり、企業の経済活動も重要ですが、一方、行政も常に受動的でいる必要はなく、積極的に活動すべき瞬間もあるでしょう。
 
そういう官民のあり方や、官民を越えて、社会人としての仕事に対する姿勢を、今回の放送で、くまもんに教えてもらったような気がします。
 
くまもん氏、ありがとうございます。

「元号ジェネレータ」がとっても面白い

元号ジェネレータというサイトが、すごく面白いのでご紹介します。
 
 
使い方は、とっても簡単。
画面中央のテキスト入力欄に、好きな漢字2文字入力すると、「平成」のときの小渕氏のように、安倍総理か菅官房長官が、その漢字を年号にして発表してくれます。
 
 
実際に入力してみたのがこちら。
 

f:id:seia_youyong:20190114195442j:plain

結局、西暦かい!というツッコミがきそう。
安倍さんのドや顔がいいですね。
 
 
 

f:id:seia_youyong:20190114195623j:plain

次はこちら。
隣国に併合されてしまったバージョン。
 
 
 
 

f:id:seia_youyong:20190114195709j:plain

 
お次はこちら。
政敵?の名前も使えます。「小沢一年」って語呂もいいです。
 
 
 
 

f:id:seia_youyong:20190114195947j:plain

菅さんバージョンもできます。
ブラック企業ならぬブラック国家であることを自信ありげにPR。
 
 
 
 

f:id:seia_youyong:20190114200048j:plain

こちらも。
官房長官が、スターリンポル・ポトのように見えてきます。
 
 
時間つぶしにぜひご活用ください。

BSフジ「2019「安全保障」展望」

www.bsfuji.tv

BSフジ20時から放送している硬派の報道番組を偶然視聴しました。
 
本日のゲストは、前防衛相の小野寺氏と前防衛大学校校長の五百旗頭氏で、今年の安全保障の展望について語るという大変重い内容でした。
 
五百旗頭氏は、お見かけする機会が以前よくあったので、個人的にはとても(勝手に)懐かしい気持ちにさせていただきました。
 
中国の動向が話題に上がり、昔と比べると軍事費が50倍になっていることが指摘されていました。隣国の高まる軍事力には、日本はどう対応すべきか。五百旗頭氏は、中国とは協商関係でウィンウィンの関係を維持するとともに、日米同盟を引き続き確固たるものにしていくべき、との意見を述べていました。
 
五百旗頭氏は、「宮澤喜一保守本流の軌跡」という共著もあるように、吉田茂から宮澤喜一に連なる自民党軽武装、日米同盟重視の流れを保守本流であるとして重視する立場の学者でもあります。
 

 

90年代の証言 宮澤喜一―保守本流の軌跡

90年代の証言 宮澤喜一―保守本流の軌跡

 

 

 
ただ、五百旗頭氏にしても小野寺氏にしても、中国と日本は、近年は関係が比較的良好であるという認識でいることは印象的でした。
 
また、ロシアのクリミア併合と防衛省の新防衛大綱の話が大変興味深く、思わず引き込まれてしまいました。
 
クリミア併合において、ロシアがとった戦略は、まず、ウクライナの電話回線状況を電磁波で悪化させ、SNS等でフェイクニュースを流し、通信状況を撹乱させて、ウクライナが状況を把握できない状況下のもと、静かに物理的に制圧を行うやり方であったそうです。そして、これが21世紀の戦略であることが小野寺氏より指摘していました。
 
小野寺氏は21世紀の新しい戦争であることを強調したかったのだと思いますが、私は、満州事変における日本軍による満州制圧の経緯を思い出しました。
 
ともあれ、これだけスマートフォンが全国民に普及し、スマートフォンでアクセスできる情報が現実の大きな部分を構成している現代日本で、このような戦略をとられてしまったらひとたまりもないので、確かに警戒すべき事態であるのは、間違いないでしょう。
 
そのような社会の「神経系」である通信状況の確保が重要であることを指摘した上で、新防衛大綱で宇宙・サイバー空間にも対応するクロス・ドメインの概念に触れていたのは、今後の世界情勢を考える上でも、大変勉強になりました。
 
普段は経済ニュースばかり追っかけていますが、色々な視点で国際情勢を考えなくてはいけないですね。

アップルショックに関するアップルの発表

 
年初めの国際経済を賑わせましたアップルショックに関して、アップルの見解が発表されているので、解読してみましょう。
 
年初の株安の原因となったアップルの売上見込減について、アップルの発表によりますと、
今期の売上高の変動要因については、予測済みの要因と予測外の要因があるとし、
予測済みであった要因としては、
 
iPhoneの発売日が前年と異なることによる影響
②ドル高による売上高減
③製品のサプライ面での制限
予測外の要因としては、
新興市場の経済の弱さ
iPhoneの買い替えニーズの弱さ
が挙げられています。
 
これらは全て売上高が前年比と比べ減少する要因です。
確かに①~③までは予測可能な要因ですので、アップルとしては、①~③の売上減少要因はあるにせよ、新興市場の伸びと買い替えニーズの強さから、減少要因をプラスで打ち消せると思っていたところ、そうではなかったという説明となっています。
 
この④と⑤の要因が本当に予測できなかったかというと、わかりません。
あえて売上見込みを強気に見せていた可能性もあるかもしれません。
 
ただ、この発表をそのまま信じるとすると、次の結論が見つかることになります。
 
次期以降も前年比では減少するであろうということです。
なぜならば、③④は米中経済摩擦等によりしばらくは解消する見込みがなく、⑤もiPhoneユーザーの傾向なので対策があまりないからです。電池交換のコストを上げるぐらいでしょうか。
前年比で増加させるには、アップルの発表をそのまま信じるとすると、売上高に影響があるぐらいドル安が進むか、消費者訴求力の強い新しいiPhoneを販売するか、しかないような気がしますが、現時点ではどちらも可能性が薄そうに思えます。
 
状況が変わるとすれば、米中の通商協議の行方と、それに伴うアップル製品のサプライチェーンの変動等でしょうか。
 
再び、注意深く見守ってみたいと思います。

【書評】橋本徹「沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する。」

 

沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する。

沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する。

 

 

元弁護士であり、元政治家としても、元タレントとしても有名な橋本徹氏の沖縄問題に言及した新刊本。
 
Amazonの発送予定日は1月8日となっていますが、その前日である本日、沖縄の本屋でも数多く平積みになっており、沖縄でも関心を集める書物であることは間違いありません。
 
著者は、これまでの政治経験をもとに、本書で大胆な提言を行っており、興味深い内容となっています。
 
詳しい内容を解説することは控えますが、沖縄県は、沖縄問題を解決するために、沖縄ビジョンXを立ち上げ、沖縄県はその実現のために邁進すべきであるというものです。
 
確かに、沖縄の基地問題、特に辺野古問題は、広く国民的な議論も必要であり、様々な立場から意見提案が出ることは望ましいことであると考えます。
 
ただし、やはり議論のコストがかかるからといって、短絡的に乱暴に進めていいことはなく、議論や意思決定には、慎重かつきめ細やかな対応も必要なのではないかと思います。
 
そういう意味で、著者が表現しているような「政治的ケンカ」がすぐに解決につながるかというと、やや疑問にも感じます。
 
しかし、本書にも出てくる国直轄事業負担金の廃止等、著者流の「ケンカ道」で実現した政策もあるので、きれいごとだけでは済まないのも確かです。
 
そういった様々な可能性を一度考えてみるのによい本かもしれません。

映画「ボヘミアン・ラプソディー」を見て

www.foxmovies-jp.com

 
映画「ボヘミアン・ラプソディー」を見ました。
 
正直なところ、QUEENに対しては、大味で大袈裟なロックをやるバンド以上の印象を持っていませんでした。しかし、映画を見た後では、そのような過剰な装飾を纏ったサウンド作りも、ボーカルであるフレディ・マーキュリーの、誰にも理解されえぬことからくる魂の叫びによるもののように感じてしまう、そんな心を揺り動かされる映画でした。
 
まず、セクシャル・マイノリティであるフレディが追い詰められていく描写が大変リアルで、視聴者側は見ていて胸が痛みます。
両親は厳格なゾロアスター教徒のインド人で、父親と対立し、イギリス社会の中では特徴的な容姿や出自に悩み、自分を理解してくれる他人を常に求め、結婚まで考えた女性とよい関係を築き続けたいが、自己のセクシャリティに気づき始め、その結婚は破局に向かってしまう…。
周囲の状況に追い詰められていくフレディに視聴者も感情移入していきます。
 
一時的にフレディのパートナーとして描かれるマネージャーが、スタジオに入り浸ることで、バンドメンバーとフレディの関係が悪化するシーンは、ジョン・レノンオノ・ヨーコがべったりとなることでメンバー間の関係が悪化したビートルズを思い出しました。
やはり、バンドメンバー間には、ある種の同士愛が必要で、他の誰もが入り込めない空間を作る必要があるのかもしれません。
 
フレディを追い詰めていく役回りの一つとして、フレディのセクシャリティを追及する記者団がいましたが、あの記者団一人一人を、過剰に悪役的に演出せず、あくまで模範的で誠実そうな人間として描いていたのは、印象的でした。
孤立した者を追い詰めていくのは、悪意を持って振る舞う特別な人間なのではなく、あくまで普通のどこにでもいる人間なのでしょう。
 
マイノリティというと、特別な存在であるような受け取られ方をされますが、完全なマジョリティである者も実は存在せず、人はある一面においては誰しもマイノリティなのではないかと思います。それでも人は人との繋がりを求め、また愛し合う。この映画が多くの人の心を打つのは、そういう人間存在の根底に触れている映画だからなのではないでしょうか。